ダイエットを成功させる秘訣【これまでのダイエットが失敗していた原因とは】

健康診断で再検査になり痩せなくてはいけない、
去年まで着ていた服がキツくなり焦っている等 理由はさまざまだと思いますが、
今年こそはダイエットしよう、 今回こそはちゃんと成功させよう
と考えているあなたは、
なぜ前回までのダイエットに失敗したのか、
どううれば今回ダイエットは成功するのかわかっていますか?

そこでこの記事では
ダイエット成功する秘訣を紹介していきます。
これからダイエットを始める人、
これまでのダイエットが失敗続きだった人は
是非読んでみてください。

そしてダイエットを成功させ理想の姿を手に入れましょう。

この記事を読むとわかること

・ダイエット成功の秘訣
・ダイエットに失敗する原因とは何か
・ダイエット最大の敵停滞期との向き合い方

ダイエットを成功させる3つのコツ

ダイエットを決心した人
ダイエットを決心した人
よし!今年こそは痩せるぞ!

ダイエットを成功させるコツは以下の3つです
・カロリーを計算する
・些細な変化を気にしない
・たまにはご褒美を与える

この3つをしっかりと守る、意識できるかが
ダイエットを成功させるコツになります

カロリー計算をする

なぜ カロリー計算が重要かというと
ダイエットは運動:食事=2:8と言われいているほど
食事が大切であるからです。

どのような食事が大切なのか、
何も考えずに食べたものを食べたいだけ食べていても痩せないのは
わかるかと思いますが、逆に痩せたいから食べないというのも
痩せない原因になります。

なぜかというと、
脂肪を燃焼させるのにも栄養素は必要ですし、
日常生活をしていくのには当然エネルギーが必要です。

しかし、食事からのエネルギーが減ってしまうと
活動量を下げて少ないエネルギーでも支障が無いよう体がコントロールします。
そうすると基礎代謝が下がり1日の消費カロリーも減っていくので
痩せる要因となっていた
摂取カロリーと消費カロリーの差分は小さくなっていきます。
これが痩せにくくなるメカニズムです。

他にも摂取エネルギーが少ないため飢餓状態にあると勘違いし
なるべく脂肪として蓄えようとするためかえって太ってしまうパターンもあります。

以上のような理由からしっかり必要なカロリーを計算し
摂取カロリーをコントロールしましょう。
カロリー計算についてはこちらの記事を参考にしてください

些細な変化を気にしない

ダイエットを決心した人
ダイエットを決心した人
ダイエットしているのに昨日より100グラム増えてる

おそらくダイエットを始めると体重や体脂肪率の増減が気になり
体重計に乗る回数が増えるかと思います。

そしてその度に
#吹き出し挿入
思ったより痩せていない
体重が変わっていない、むしろ増えている
1週間経過したのに体重に変化ない

などの悩みが出てくると思います
そして多くの人がここで
やり方が間違っているんだ
食事を減らそう、もっとハードに運動しよう
などと考えがちですが気にしなくて大丈夫です。

脂肪が燃焼したとしても排出されるまでは体内にありますし、
わずかな水分の摂取で数百グラムの体重なんて変化します。
数日前からのわずかな変化を気にするのではなく、
2〜3週間後の体重と比較しましょう。

できれば体重を測る時間や服装を決めておくといいかと思います。
毎回服装や時間帯が異なるとそれだけで体重にばらつきが生まれる
原因になってしまいます。
オススメは寝起きすぐと寝る前です。

特に寝起きは何も入っていないので体重の増減がわかりやすくオススメです。

たまにはご褒美を与えよう

毎日頑張って食事制限や、運動をしているのでたまにはご褒美を用意しましょう。

好きなものを食べるでも良いですし、
ダイエット後に着たい服を買うなど人それぞれ
自分にご褒美を用意しましょう

もちろんご褒美の頻度が多すぎては
意味がありませんので〇〇キロ痩せたら、
一ヶ月頑張ったらなど期間や目標を決めてそれを達成したらという形にしましょう

特に好きなものを食べるという食事に関するご褒美は
何回も続いてしまうと意味がなくなってしまいますので、
必ず一回でやめましょう

以上の3つがダイエットを成功させる秘訣です。
これらを意識してダイエットをすれば成功の可能性はグンと上がります。

しかし、成功の秘訣だけを知ったとしても
なぜ前回は失敗したのかが分からなければ繰り返してしまう可能性があります
そこでダイエットが失敗する主な原因も見てみましょう

ダイエットが失敗する原因

どれだけ気を頑張っていてもダイエットがうまくいかない
いつも失敗してしまうというあなた
ダイエットが失敗してしまう原因は以下の三つです
自分に当てはまっていないか考えてみましょう

  • ストレスの溜め過ぎ
  • 過剰な安心や油断
  • 結果を急ぎ過ぎる

上記の三つがダイエットが失敗するときの主な原因です。
それぞれどういうことか見ていきましょう

ストレスの溜め過ぎ

お菓子が大好きな人
お菓子が大好きな人
チョコレート、ケーキ全部我慢しなきゃいけないのか

好きなものを我慢したり、動きたくないのに運動をするのは当然ストレスになります
その他にも仕事やプライベートなどで嫌なことがあった、
イライラすることがあったなどストレスを感じることがあるかと思います。

ですが、ストレスを溜め過ぎてしまうと
・ホルモンバランスの乱れ
・不眠、食欲の増大
等のダイエットに悪影響を与える原因になってしまいます。

ではどのようにしてストレスと向き合うのか、
ストレス発散の方法は人それぞれだと思いますが、
さすがにダイエット中に大食いしてストレス発散というわけにもいきませんので
僕がオススメできる方法をいくつか紹介しておきます。
・ぬるめのお風呂にゆっくり入る
・趣味の時間を増やす
・日光を浴びる
これらの方法は個人的にストレスを感じているなと思ったとき
僕が行っている発散方法です。

過剰な安心や油断

過剰な安心や油断とは
ダイエットを開始し体重がある程度落ちてくると

Aさん
Aさん
今日食べ過ぎてもこれまでの経験からすぐ戻るな

Bさん
Bさん
また一週間頑張ればいいんだし今回はここでおしまい

とこれまでの実績からすぐに戻せるだろう、
自分なら一日ぐらいすぐに取り返せるよと思い込んでしまうことです。
そしてどんどん食事量増えたり習慣化していた運動がなくなってしまい
リバウンドしてしまう。
でも自分はすぐに戻す自信があるからリバウンドを気にしない
そしてダイエット前より太ってしまう

という負のサイクルに入ってしまいます。

もちろん成功体験として持っておくのはいいと思いますが、
過信は禁物です。
自分で決めた期間や目標の体重になるまでは継続しましょう。

結果を急ぎ過ぎる

一週間でマイナス5キロやウエスト10センチダウン
なんてほぼ不可能です。
(まれに過酷な方法で達成する人もいますが)

最初からそのように大きな目標を掲げていると
現実とのギャップが大きくなり
頑張っているのに減らない、
こんなにしんどい思いをしているのに減らない、
とストレスの原因になるだけでなく
もういいやとダイエット事態を諦めてしまう原因になります。

そうならなためにも
無茶な目標を立てるのはやめましょう。
理想は一カ月で体重の5%の減少です。
(例100キロの人なら5キロ)

ですので100キロの人が20キロ減らしたい場合
余裕をもって5カ月で20キロ減らすという目標を立てた方が
無理なく、ストレスなく続けることができます。

さて、ここまでで成功する秘訣と失敗の原因について考えてきました
最後にダイエット最大の敵停滞気との向き合い方を紹介します。

ダイエット最大の敵停滞気はこう乗り切る

停滞気とはこれまで順調に減っていた体重が一週間~二週間わずかな変化しかしなくなることです。

停滞気の原因にはいろいろありますが
簡単に言うとダイエットの生活に体が慣れ、
少ないカロリーでうまくやりくりできるよう体が順応してしまうからです。

これを打ち破るには
・チートデイを入れる
・運動強度を上げる
という方法があります。

チートデイを取り入れる

チートデイとは
チート(騙す)デイ(日)という意味です。

何をする日かというと
カロリー制限をしていた体に一日制限を取り除きカロリーを過剰に入れることで
もっとエネルギー使うように促すことです。
こうすることで消費を抑えていた体もたくさんのエネルギーが入ってくることで
たくさん使っていいんだと思いこみ翌日以降消費量が増えるという仕組みです。

やり方は基本的に好きなものを好きなだけ食べていいですが、
一日だけで抑えるのが鉄則です。
二日目以降もだらだら食べ過ぎるのはNGです。

頻度は月に一回で良いかと思います。
停滞気が来ていなければ月一回にこだわる必要はありません。


ストレス発散のためにもこの機会に思いっきり食べておきましょう
お菓子やラーメンなどなんでも構いません
中途半端に食べると翌日以降だらだらと続いてしまうので注意が必要です

チートデイの翌日は確実に体重が増えています。
それは当たり前のことなので気にせず、翌日以降減少するための準備と割り切りましょう
間違っても増えたからといって翌日以降の食事量を減らすのはやめましょう。

運動強度をあげる

一週間ほど体重の減りが停滞したら
運動強度を上げてみるのも一つの方法です。

例えば20分のランニングを30分にする、
いつもは筋トレだけだったけど筋トレ後に10分バイクを漕ぐ
等これまでの運動プラスアルファ何かに取り組み
運動による消費カロリーを増やしていくと良いです。

当然消費カロリーが増加する分体重は減りやすくなります。

以上の二つが停滞気への向き合い方です。
これらを上手に活用し停滞気を突破しましょう。


まとめ

ダイエットを成功させるには
停滞気が来ても焦ることなく対処し、
無茶な目標を立てず地道な積み重ねと焦らないことが大切です
難しいと感じるかもしれませんが、
毎日コツコツ積み重ねていけば一カ月後、半年後必ず理想の姿に近づいています

いつ始めても遅くはありません
ダイエットしようと思った時がチャンスですよ。